IMG_2181.JPG

IMG_2183.JPG

IMG_2193.JPG

IMG_2201.JPG

IMG_2204.JPG

IMG_2205.JPG

IMG_2198.JPG

IMG_2207.JPG

IMG_2209.JPG

IMG_2214.JPG

IMG_2215.JPG

I registered at driving school in June. On 1st of October I graduated the school!!! It was quite hard to go to the school as scheduled because the nursery which the school runs was always full and if I wanted to give him there, because of his age I could do it only 2 hours...well, anyways I managed to do everything thanks to my mother, parents-in-law and my husband!!! Ah! Of course my son,too.

6月初旬に教習所に入校。10月1日に検定を受けてめでたく合格!!!思ったよりも道は長く、てこずった。。。35歳、妊婦、子連れで免許を取得するのは体力的にも頭脳的にもかなりハード。運動能力なんてことさら落ちていて、マニュアル車を操作するのはどうも慣れなかった。今では楽しいけれども!全て「どうにかなるさ〜」なんて思っていたけれども甘かった。甘すぎた。最初の学科の試験の前は夜泣いた。勉強時間もとれないし、上手く頭に入らないし悔しくて泣いた。こんな思いもまた初めての経験。経験という意味ではまた新しいことをさせてもらったのでよかった。でも検定で一度落ち、次に受けた時は「もう乗れない」と色々な意味で思ったので受かってよかった。受からせてもらって本当によかった。妊娠をすると注意力もかなり散漫になるので車を運転するのが困難になる。多分周りを見回しても臨月で運転している人はなかなかいないと思う。。。だって危ないもの。
とこれらは初めての環境での体験話。教習所に通って、通えて本当によかったと思うのは道を歩いているとき。ベビーカーをおしているとき、息子の手を引いて歩いているとき、ドライバーから歩行者がどのように見えているかを今体験できたのは本当によかったと思う。例えば悲しいけれども毎日ある事故も「どうして起こるのか」と考えるようになった。教習所の二段階での学科はほぼ毎時間悲しい出来事について勉強する。そのなかでも教官が体験した事故、見た事故の話を聞かせてもらえたのは勉強になった。あってはいけないこと、でも起こってしまうこと。。。いろいろ見ていて思ったのはベビーカーをおしているのに赤信号を渡ってしまう人とか携帯を見ながらいじりながらベビーカーをおして、横断歩道を渡っている人は危ないなーと。いくら信号機があっても右左は確認した方がいい。ドライバーは右左時に目視、そして徐行は絶対。だけれどもドライバーは車という鉄のかたまりに守られている。もちろん事故を起こしたら精神的なショックというのはあるわけだけれども、でも歩行者というのは無防備なので注意するに越した事は無い。と勉強して思ったこと。そして前回のブログにも書いたけれども、いい教官達に出会えてよかった。コヤマドライビングスクールおすすめです。紹介制度もあるので私の名前をぜひ。旧姓でなくて新しい名字ですけど。
免許取得にあたって、母、父、義母、義父、そして夫!さらには応援してくれた皆様の協力なしにはここまでやり遂げられませんでした。(でも免許証は来週鮫洲へ行くのでまだ手にいれていません)
それらを含め、私は1人では何もできないのだと言う事を思い知らされます。人がいてくれることに感謝。そうそう、もちろん息子にも感謝です。どうもありがとう!

R0012374.JPG


あんしん豚和ごころ農園のじゅんちゃんと伊藤君つながりで、知った。ここの豚は本当においしい。便利なのは冷凍されているというところ。ミンチも袋に入っているので必要な分とりだして使える。ここ最近はブロック肉をご近所さんと一緒に注文することが多い。ミキサーで自分で攪拌できるし、半解凍のままだと自分で好きな大きさ、薄さに切れる!そして何よりも「あんしん豚」というだけ、薬などが一切使われていないので安心。とても大事に育てられている豚達はそんな大事な、やさしい味がする。妊娠初期のつわりの時にここのお肉だけは食べられた。夏にバーベキューに参加させてもらい、若い藤井君、伊藤君たちの話を聞いたり、そんな彼らをみていたらただただ「すごいなぁ」ということしか思えなかった。大変なことは誰にでもあると思うけれども、それでも彼らが直面する事は私たち消費者は全てを知り得る事はできないし、彼らもあえてしないのだけれども、そういった事をにこにこすごくいい顔で語っている、語れる人はすごいなぁと。笑顔とホスピタリティーにあふれた夜だった、あっという間だったけれども。その頃は夏で暑かったので豚達も食欲がなくてなかなか育たなく、藤井ファームはしばしの間出荷できなかった。そういえば私も豚達と同じで夏の間は作る気もあまりないし、お肉を食べたい(それでもちょっとは食べていたけれども)と思わなかった。この「8つのひみつ」もとても興味深い。生きているもの全てが同じなのかなぁと思う。自然の摂理を、自然の法則を無理に変えてはいけないんだなと。科学、医学などの発達は素晴らしいけれども先へ先へ行き過ぎてはいけない。何かを変えすぎてはいけない。なんて思うけれども私には一体何ができるのか。いつも思って書くけれども、とりあえずは自分がハッピーなのが一番なのだろうね。今晩は豚でタイカレー!!!

R0012368.JPG

PREV |
PROFILE

Kurumi Shigenaga

2001年ベルリンフィルへの情熱のためベルリンに移る。
2006年より今現在に至り、西海洋介の元でクリエイティブアシスタントとして働く。
ドイツ語、英語、イタリア語が堪能。
メゾソプラノ歌手としても活動。
趣味は笑う事、食べる事、料理、ヨガ、映画鑑賞、たまにのテニスと卓球。

Came to Berlin in 2001 driven by her love and enthousiasm for classical music and the Berliner Philharmoniker.
Started to work for Koiklub in 2006 as a creative assistant and does so until today.

She is active as a mezzo-soprano singer, loves cooking & food, going to concerts and cycling thru whole Berlin. She is a language pro in German, Italian and English and of course Japanese.

COMMENT

  • anxxab: The best d more
  • シャネル 2015 冬 mp3: 日本な人気と信頼スー more
  • ロレックス 40 80: 信用第一、良い品質 more
  • ロレックス フラワー: プラダ コピー 弊店 more
  • シャネル ルージュココシャイン 全色: 最高品質 スーパーコ more
  • ブランド激安 市場 wikipedia: 2017年人気貴族ブ more
  • シャネル 時計 ヨドバシカメラ: クロムハーツ財布 人 more
  • ロレックス 40代 女性: ルイヴィトン スーパ more
  • シャネル フェイスパウダー パープル 英語: ブランドコピー品激安 more
  • シャネル チーク 76: 2017年春新作商品 more